志賀原発を廃炉に!訴訟 原告団ホームページ

〒920-0024 金沢市西念3-3-5 フレンドパーク石川5F TEL (076)261-4657

2021年12月30日
by ok
0 comments

原子力防災で石川県に質問状を提出

12月24日、私たち原告団はさよなら!志賀原発ネットワーク、石川県平和運動センター、社民党石川県連合とともに、県の原子力防災計画・避難計画に関して質問状を提出しました。
私たちは1号機運転開始前の1992年の防災訓練から監視行動を行ない、抗議声明などを通じて計画や訓練の問題点を指摘してきましたが、依然「絵に描いた餅」状態であることに変わりありません。
そこで今回、福島第一原発事故から10年間の教訓も踏まえ、県の原子力防災計画・避難計画に欠けているところ、未整備となっているところを中心に、まずは幅広く共通認識をつくっていきたいとの思いから、質問状を提出するに至りました。

質問状の内容など詳細は「北野進の活動日記」をご覧ください。

2021年11月24日
by ok
0 comments

原子力防災訓練が実施されました

11月23日、石川県主催の原子力防災訓練が行なわれました。
志賀町で震度6強の地震が発生して志賀原発が外部電源を喪失、ECCSによる注水も不能となり全面緊急事態に至ったという想定の下、2年ぶりとなる住民参加の避難訓練を含め約1400人が参加して実施されました。
私たち原告団は社民党石川県連合や石川県平和運動センターとともに監視行動を実施し、住民を守らない、守れない原子力防災の実態を明らかにした「抗議声明」を発表しました。
志賀オフサイトセンター~志賀町武道館~旧福浦小学校~巌門クリフパーク~能登町の藤波運動公園~避難者の受け入れ先となった飯田高校での訓練の様子は「北野進の活動日記」をご覧ください。

2021年11月21日
by ok
0 comments

規制委員会が現地調査

11月18~19日、原子力規制委員会は志賀原発2号機の新規制基準審査で、敷地内の断層に活動性があるかどうかを確かめる現地調査を行ないました。
一日目は審査の焦点となっているS-1断層やS-2・S-6断層を見て回り、法(のり)面やトレンチ(試掘溝)内で堆積物などを確認しました。二日目は敷地の東側を南北に走る活断層「福浦断層」の状況などを視察しました。
調査を終えて石渡明委員は「データが不足している」と指摘、追加調査の必要性を強調しました。