志賀原発を廃炉に!訴訟 原告団ホームページ

〒920-0024 金沢市西念3-3-5 フレンドパーク石川5F TEL (076)261-4657

2015年2月27日
by ok
0 comments

拝啓 河合弘之様


映画拝見いたしました。大変中身の濃い立派な出来だと思いました。
2時間15分があっという間でした。今まで疑問に思っていた問題が霧が晴れるように理解できました。原子力ムラがマスコミに流す年間500億円を超す金の力で、世論を操作していることは承知していましたが、政、官、業、ひっくるめて一国の総理すら操り人形のようにとり込んでいる現状に唖然とするしかありません。そんな暗い気持になりかけたときに、大飯原発の稼働差し止め訴訟で勝利を勝ち取った映像に思わず涙しました。もう最後の砦はここしかないと思いました。
4年前の原発事故を目の当たりに経験しているにもかかわらず、いま、政府、自治体は原発立地区域30km圏内の住民に避難訓練を実施しています。
こんなナンセンスなことはありません。
安全神話は崩れましたよ/原発を再稼働しますよ/また福島のような事故が起こりますよ/避難して安全な所へ逃げてくださいよ/命さえ助かればいいでしょう/あとはどうなときゃ~なろたい、ですよ!
福島の被災者の窮状を見ていないのか、もう、忘れてしまったのかそれとも”ばか”なのか?私は悲しんでいます。日本人は我慢強いのか、懲りないのか、忘れっぽいのか、お上の言うことにはハイハイと従う国民性が100年たっても抜けきらないのか。
少なくとも、我々の代で作ってしまった、財政赤字、原子炉に放射性廃棄物の処理、廃炉の負担などの負の遺産を子や孫の代にまで負わせることはできません。
今現在、心配事が2つあります。1つは学校教育の場で子どもたちに原発問題を正しく教えているだろうか?ということと、2つ目は三権分立がしっかり守られて、法曹界が原子力マネーに汚染されないか?ということです。杞憂に過ぎればいいのですが…
お願いがあります。この映画をDVD化していただきたいと思います。小生の知人、友人に広めて賛同を得て、サポーターに加わってもらおうと思います。

2015年2月15日 「日本と原発」上映会in珠洲
能登町Kさん(78歳)

2015年2月10日
by ok
0 comments

大飯訴訟控訴審 第2回口頭弁論


2月9日午後2時より名古屋高裁金沢支部において、関西電力大飯原発3・4号機差止訴訟控訴審の第2回口頭弁論が行われました。
裁判員裁判用の広い法廷だったにもかかわらず、傍聴希望者が80名を超え、傍聴は抽選になりました。志賀廃炉訴訟の原告・サポーターも数多く支援に駆けつけましたが、本HPの「希望者全員が入廷できる見込み」という案内を見て来た人も多く、入廷できなかった方々におわびいたしますm(_ _)m。

法廷では福島原発事故の被害者で、福島原発告訴団の事務局長でもある地脇(ちわき)美和さんが原告意見陳述を行いました。201502-9大飯控訴審口弁② 020hhh
地脇さんは「被ばく者になってはじめて、自らの無知・無関心を猛烈に後悔し、反省しました」と語り、「国も東電も私たちから多くのものを奪い、破壊しておきながら、誰も事故の責任を取らず、正当な賠償を行わず、住民が反対しても汚染地に帰還させ、棄民と難民を生み出しています。責任の所在をあいまいにしたまま原発を再稼働し、海外に輸出するなど、到底許せません」と涙ながらに訴えました。

続いて原告弁護団が新たに提出した準備書面について要約陳述を行いました。
基準地震動の想定手法に根本的な欠陥(既往地震動の平均像をベースに策定)があり、これは新規制基準においても全く是正されていない、という問題をはじめ、多重防護の破綻、欠陥だらけの過酷事故対策、防災計画の不備などについて詳しく主張しました。
被告関西電力は準備書面で「大飯原発に基準地震動を超える地震動が到来することはまず考えられない」と主張していましたが、法廷では原告側の主張にまったく反論しませんでした。原告弁護団が「反論がないのなら、運転差止めでいいですね」と詰め寄る場面もありました。

閉廷後、北陸会館5階大ホールで記者会見と報告集会が開かれました。
201502-9大飯控訴審口弁② 013hh
原告および被告の準備書面、意見陳述書、報告集会(動画)は「福井から原発を止める裁判の会」ホームページ http://adieunpp.com/judge/kousai.html をご覧ください。

第3回口頭弁論は4月15日午後2時から同高裁で行われる予定です。

201502大飯控訴審chnh
北陸中日新聞 2/10

※クリックすると拡大します