志賀原発を廃炉に!訴訟 原告団ホームページ

〒920-0024 金沢市西念3-3-5 フレンドパーク石川5F TEL (076)261-4657

2014年11月6日
by ok
0 comments

大飯控訴審の第1回口頭弁論が行われました


11月5日(水)午後2時30分より名古屋高裁金沢支部において、第1回口頭弁論が行われました。
あの福井地裁の勝訴判決を高裁でもかちとるために、福井からバスで乗り込んだ原告団。これを支援しともにたたかう決意を固めて金沢に集まった、全国各地の原発差止め訴訟原告団、そして弁護団。わが「志賀原発を廃炉に!訴訟原告団」も新調した原告団旗を掲げ、北野団長を先頭に多くの仲間が支援に駆けつけました。

狭い法廷のため、傍聴できたのは30数名。抽選に外れた人たちは開廷中、近くの北陸会館に集まり、弁護団が「開廷」した模擬法廷で盛り上がりました。
法廷では中嶌哲演原告団長による意見陳述のほか、脱原発弁護団全国連絡会共同代表の河合弘之弁護士、海渡雄一弁護士、九州玄海原発訴訟の板井優弁護士らが陳述を行いました。(「福井から原発を止める裁判の会」HP http://adieunpp.com/参照)

中嶌さんは意見陳述を次のように締めくくりました。
201411大飯控訴審 085hhh「かつて国策として戦争を遂行した軍国主義政権は、広島の惨禍を浴びても敗戦を認めようとせず、長崎後に降伏せざるを得ませんでした。その戦争にも長い加害の前史があったように、フクシマも決して一朝一夕に引き起こされたのではありません。「原子力ムラ」の根本的な責任は厳しく問われなければなりませんが、関東首都圏や関西圏の大電力消費地のために、遠隔の過疎地の福島や若狭に超危険な原発群を押しつけてきた、その差別的な構造そのものを温存したまま再稼働や延命存続を図ることはもはや許されないのではないですか。平常時の1万倍もの放射線被ばくを地元周辺住民に余儀なくさせるまで避難させない防災計画を前提に、再稼働への動きが加速しています。第2のフクシマを待たなければ、被告をはじめ立法府も行政府も廃炉・脱原発を決断できないのでしょうか。国民もまたかつてのように、総懺悔(ざんげ)を繰り返す日まで第2のフクシマの到来を待つのでしょうか。
裁判長!福井地裁の原判決が掲げた司法の良心を引継ぎ、さらに前進させ深めて、どうか事業者や原子力行政、多数派が驕(おご)る立法府の暴走に歯止めをかけてください。…(中略)…この北陸のゆかしい古都金沢で、三たび真に未来世代へ残しうる、貴裁判所の審理と判決を切望します」

弁論終了後の進行協議で、被告関西電力は「次回(2/9)にすべての主張と書証を尽くす。証人尋問は行わない」と表明しました。このことをどうとらえるのか、非常に重要な裁判の分岐点であることは間違いないようです。

閉廷後、北陸会館で報告集会・記者会見が行われ、各地の原告団旗が林立する会場は100名を超える参加者の熱気があふれました。
201411大飯控訴審-090h
第2回口頭弁論は2月9日(月)午後2時から同高裁で行われる予定です。

 

 

 

201411大飯控訴審ash

 

 

 

 

 

 

 

 

201411大飯控訴審chn

 

 

※11/6朝日新聞(上)、同北陸中日新聞(下)
クリックすると拡大します

2014年11月4日
by ok
0 comments

志賀原発で国の原子力防災訓練


11月2~3日、北陸電力志賀原子力発電所の過酷事故を想定した国の原子力総合防災訓練が行われました。
訓練の想定は、石川県内で震度6強の地震が発生して志賀原発2号機の外部電源が喪失し、すべての冷却機能が失われたというもの。関係省庁や石川・富山両県の自治体約150機関、原発から30km圏内の住民ら3千700人以上が参加しました。

連絡ミスから一部自治体がTV会議に参加できなかったり、悪天候のために船舶での避難を陸路に変更したりするなど「想定外」のトラブルが相次ぎました。
原発直下の活断層問題が解決せず、再稼働の展望が全く開けていない志賀原発。こんなところでなぜ再稼働を想定した訓練をやるのでしょうか?

「私たちは、電気を生み出す一手段に過ぎない原発によって、なぜ住居を失い、生業を失い、故郷を失い、コミュニティを失うようなリスクを負わなければならないのか。そのことを原点に返って問い直す時期にいる。住民の生命、財産を守るべき責務を負う自治体が、人災である原発事故に備え、なぜこのような人格権侵害の訓練に加担するのか。人格権侵害の原因である原発の存在そのものに目を向けるべきではないか」
これは訓練終了後に発表された「2014原子力防災訓練に対する声明」(石川県平和運動センター・社民党議員団)の中の一節です。

201411防災訓練hk

 

 

 

 

 

 

 

 

 


201411防災訓練chn-1

 

 

 

 

 

 

 

 


201411防災訓練chn-2

 

 

 

 

※上から順に
北國新聞11/3、北陸中日新聞11/3、11/4
クリックすると拡大します