志賀原発を廃炉に!訴訟 原告団ホームページ

〒920-0024 金沢市西念3-3-5 フレンドパーク石川5F TEL (076)261-4657

2014年8月14日
by ok
0 comments

北陸電力が適合性審査を申請


8月12日、北陸電力が志賀原発2号機について、新規制基準での適合性審査を原子力規制委員会に申請しました。敷地内を走る断層の活動性について結論が出ていない段階での申請は「非常識」というほかなく、住民の安全よりも目先の利益を優先する同社の体質が今回も明るみに出た形です。

翌13日、市民団体「さよなら!志賀原発ネットワーク」の代表が北陸電力石川支店(金沢市下本多町)を訪れ、申請の取り下げを求めました。
続いて石川県庁に出向き、「申請を取り下げるよう北電を指導せよ」と申し入れました。

8/13北陸中日新聞(左)と同朝日新聞 同(右)
※クリックすると拡大します

201408-13北電審査申請chn1

201408-13北電審査申請ash

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  201408-13北電審査申請chn2

201408-14審査申請抗議chn

2014年8月8日
by ok
0 comments

原告団ニュースを発行しました


日ごろから脱原発運動をともに担い、またご支援いただき、心からお礼申しあげます。
原告団ニュース第9号をお届けします。
今回は期せずして、大飯判決特集のような紙面になりました。
執筆していただいた鹿島弁護士は、わが志賀訴訟弁護団の一員であると同時に大飯原発訴訟の弁護団にも属しています。裁判の過程に直接関わった立場から、大飯判決の意義を簡潔にまとめてくれました。
判決文で鹿島さんが最も感動したのは、「たとえ本件原発の運転停止によって多額の貿易赤字が出るとしても、これを国富の流失や喪失というべきではなく、豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活していることが国富であり、これを取り戻すことができなくなることが国富の喪失である」という箇所だとのこと。私たちからすれば当たり前のこの判断を志賀訴訟でも勝ちとるために、みんなで力を尽くしましょう。